骨盤矯正??

ちまたでは、「骨盤矯正」なる看板をよく見ますが、解剖学的に体の中で最も大きい骨をどのようにして、補正矯正するというのだろう? 骨盤周辺の筋肉の不具合を調整することではないのだろうか?   骨に関してハッキリ申し上げると、骨盤(腸骨)は変形しないし、矯正は原則できない。 骨盤という骨を矯正すればその時は骨折します。
にもかかわらず、姿勢が良くなったのだの、腰痛が改善しただのヒップラインが上がったと大騒ぎしています。「骨盤周囲筋肉組織の調整」が正しいのではないかと。
確かに骨盤周辺には体幹を支えるため、腰回りには重要な筋肉や筋(スジ)で構成されています。この周辺のパーツの筋肉の調子を整えれば良好になるのは理解できます。しかし、骨は矯正できません。この事を承知の上で施術を受けるのは自由ですが、正しい認識の元で、ご自分の体をケアしてくださいね
 体を支える大きな筋肉は、そう簡単には矯正できません、体全体を支えている筋肉ですから強靭です。 何故ならば皮膚表面近くにある筋肉はごく一部ですし、深層筋もアプローチしなければなりません。指で押した程度ではほぐれにくく、体の外側から深層筋には触れる事すらできません。ですから本当に体の外から押したりすることで、満足する程、改善見込めるのでしょうか?よく考えてみましょう。
体のケアをする前に正しい知識を持ちましょうね。世の中、間違いがだらけの医療情報が氾濫していますので。 
 そして最後に申し上げるならば「骨盤矯正」という言葉は医療用語ではありません
医療のまねごとをする方達が勝手につけた呼び名である事をお伝えしておきます。